検索
  • 井上

シーラー研磨!!


ふう、シーラーが乾きました。

これでトップコートを乗せる下地が完成しました!!

ではトップを・・・というわけにはいきません。

シーラーを研磨しなくてはなりません。なぜなら・・・

シーラーを吹いた際にどうしてもできる凸凹を平らにならすことと、トップの塗装の密着をよくするためにシーラーの塗装面を荒らします。

美しいトップのために絶対に欠かせません!!

では早速行ってみましょう~♪

研磨を待つKakumae。

塗装されてこんな感じになっています。

うっすら膜に覆われているような感じですね。(とてもわかりづらい)

こういった、通称「ベルト」で#600の粒度のやすりでシーラー面を整えます。

この機械は簡単に説明すると、帯状の研磨紙がぐるぐるとまわるものです。

ちょろっとベルトを当てると下のように白っぽくなります。

白くない個所は少し低く、まだ研磨できていないということです。

ヘッド側面はこんな感じで。

ネックの竿部分は・・・

ボディは・・・

ベルトの下に置いた台は高さが変更でき、また木製の板部分が前後にスライドすることができます。

この台にボディの各面を当てながら、研磨したい面を磨いていきます。

ベルト終了時のKakumaeです。

あれよあれよという間に終わってしまいます。

塗装が均一に乗せられているので”削る”とか”平らにする”ではなく、”#600の傷にそろえる”という感じです。

さすが熟練の職人です・・・

上の写真では白くなった面がほとんどですが、ボディのくびれ部分や角についたRなど、まだ研磨できていない部分が残っています。

そう、シーラー研磨はまだ終わっていない!!

つまり・・・

次回に続きます。

恒例の動画コーナー♪

バックとトップだけですが、ご覧ください!!

#工場 #動画

63回の閲覧
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram - Black Circle
© 2015 Kakumae All Rights Reserved